読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my story, your story

今出来る楽しい事をしようよ それを恋と呼ぼうよ

「安田章大ソロパート大賞」の概要

こんにちは、暇をもてあました安田担のがりこと申します。

最近、ジャニーズ各グループのオタクの間で「ソロパート大賞」なるアンケートが回りはじめているのを見つけたので、よーし我らが安田章大くんでもやってみよう!と思い立ち、こんなものを作ってみました。

 

goo.gl

 

本大賞に関する大まかな概要

今回は「関ジャニ∞の楽曲」のうち「歌詞カード上で明確に文字起こしされている」安田くんのパート235節が投票対象となります。

したがって、未音源化曲*1・ユニット曲*2・ソロ曲*3は今回いずれも投票対象外。このほか曲中コントやセリフにあたる部分も、歌詞カードへの記載がないものを投票対象外としております*4*5。安田くんのソロパートは、このような「歌詞カードにも載らない職人仕事」がやや多い傾向にあったため、涙を呑みつつこのあたりで線引きをさせていただきました。選択肢のカオス化防止のため、どうぞご理解くださいませ。

回答期限は【3月5日 PM23:00】となっておりますので、よろしくお願いいたします。

回答期間は終了いたしました。ご協力ありがとうございました!

【例】

好きやねん、大阪。おいしいもんもいっぱいありますよ。
→歌詞カードに記載されているため、選択肢に加えております。

無責任ヒーロー行きますよー!
ふわふわポムポム大好きウミウシー!
→歌詞カードへの記載がないので投票対象外とします。

 

また、イチから手作業で登録しておりますので、誤字脱字・抜け漏れ等は必ずどこかにあると思います。何かお気づきの方がいらっしゃいましたら、どうか優しい言葉で…そっとご指摘いただけますと幸いです……。

 

【FAQ】投票にあたり困ったときはこちら

●投票はおひとり様1回まででお願いします

●同一パートでの投票は1回まででお願いします
→たとえば、強火フロマリ担さんが「Friday night 派手なメイク~」を1~5位すべてで選択した場合、該当票は無効となりますのでご注意ください。

●同一歌詞が複数回登場する場合は1カウントとしました *6
→安田くんのソロパートが2回以上同じ歌詞で出てきた場合、ひとつだけに統一しています。

●Remix系全般は除外しています *7
→本人たちが後日歌いなおしたというより、アレンジャーさんの仕事と考えられたため原則除外しました。それぞれ本家での投票をお願いします。

●メンバーとの掛け合いはそのまま記載している場合があります *8
→メンバーの掛け合いパートは書き分けが面倒なので、そのまま表記していることがあります。「だいたいこの辺」ぐらいのゆるい感じで解釈してください。

●「上に当てはまらないが、△△(曲名)のソロパートがない!」
●「◇◇(曲名)のココ
は安田くんのソロパートじゃないと思います(>_<)」
→至らぬ点が多く、申し訳ありません。大変お手数ですが、本記事のコメントまたは主催者のTwitterまで柔らかめのリプライをお寄せいただけますでしょうか。平日ですと修正対応は夜になりますが、なるべく速やかに検討いたします。

 

その他注意事項

こちらの「安田章大ソロパート大賞」は、しがない安田くんオタクが個人で管理しております。そのため、(無いとは思いますが)組織票などの呼びかけはいっさい得になりません! わたしが安田くんの奥さんだったら結果を伝えてあげられたのですが、来世に期待します。

あくまでも安田くんのことが大好きなオタクが楽しむための遊びですので、どうかモラルとマナーを意識した上でご参加いただけますと幸いです。思いのほか選択肢が200以上に膨らんでしまい、わたし自身も少々頭を抱えておりますが、集計のほうもがんばります。どうぞ安田くんの数々の名パートを振り返りながらお楽しみください。

*1:例「マーメイド」

*2:例「アイスクリーム」

*3:例「わたし鏡」

*4:例「ヨンキュッパ! 4980円!」/∞SAKAおばちゃんROCK

*5:例「Dear Summer様!!」の冒頭部分

*6:ケムリ「胸つかえてるなら 飲み込んで覚悟しな」、宇宙に行ったライオン「遠くへ」など

*7:ワッハッハー“PUZZLE”Remix、∞th ANNIVERSARY Single's Remixなど

*8:Wonderful World!!、モンじゃい・ビート、Dye D?、TAKOYAKI in my heart、ゆ、ナイナイアイラブユーなど

自担が泣いていたと聞いてホッとしてしまった話

今さら振り返るようだけど、2016年ほど己の「ジャニヲタ力」みたいなものを試された年はなかったように思う。

昨年末わたしは、彼らアイドルたちに永遠なんてものを求めるのはやめてしまおうと心に決めた。これからも、どんなグループにも例外なく終わりは訪れる。わちゃわちゃと和やかな雰囲気も下積み時代の苦悩も、デビュー前からの尊いコンビ愛も、やっぱり基本的には作り物だと思うことにした。本当はもっと全部ビジネスライクで淡白で、いつかはその役目を終えてしまう。これぐらい諦観しておかないと、大好きな人たちの身に何かどうにもならないことが起こったとき、たぶんわたしは耐えられないなと危機感を覚えたのだ。最低最悪で致命的な“終わりの日”のシナリオを、常に頭のどこかに置いておけばきっと必要以上に傷つくことはないはず。そうやって、予防線をいくつもいくつも張る毎日が続いていた。

だから新年会の映像*1で7人がこの2017年の抱負をまじめな顔して語り出したとき、グループを終わらせないことはもちろん、これから更なる高みを目指そうとしているのが伝わってきたから、ひたすらありがたいなって気持ちで胸がいっぱいになった。一方、グループが何らかの不調をきたしていた時期に安田くんが涙を流していたと知り、なぜかホッとする自分にも気づいた。涙の真相が気になる以上に、わたしは自担の涙に安堵していたのだ。

 

これは我がことながら不思議な感情だった。
このご時世に自担が泣いてたとわかれば、本来わたしのようなモンペは居ても立っても居られなくなるはずなのに。

 

関ジャニ∞はこれまでたくさんの荒波を越えてきたと聞く。けれども8周年以降の彼らはそれをほとんど表に出してこなくなったし、表に出さなければわたしたちオタクごときには事情なんて知るよしもない。安田くんが泣いていたというその具体的な時期や動機など、どんな熟練オタクにだって特定できっこないはずだ。

個人的な感情なんか全部隠して、いつでもムラなく隙なく全力で魅せてくれる。それがわたしの好きな安田くんであって、安田くんもそういう自分の性格を誇りにしていると思う*2。どんなに作り込まれたパフォーマンスだったとしても、血の通った一人の男*3が見せてくれるものには違いないから、オタクはその舞台裏をどうしても覗いてみたくなる。いじわるな人はどこかに粗を探そうとするだろう。そして幸か不幸か、安田くんというアイドルの舞台裏での葛藤がわたしたちの前に晒されることは、意外にもほとんどなかった。

だから彼にしてみれば、大倉くんの暴露*4はひょっとしたら少しだけ不本意だったかもしれない。せっかく上手に隠してたのになあって。けれども、これまで見事に隠されてきた“舞台裏の安田くん”の喜怒哀楽をひとかけらだけでも知れたことは、わたしにとって非常に大きな収穫だった。彼もわたしと同じで、時にはどうしようもない気持ちと闘わざるをえない瞬間があるのかな?と、そういうことが知れたから思わずホッとしてしまったのだと思う。

アイドルという作り物を形成するのはまぎれもなく生身の人間だ。ちっとも隙を見せないエンターテイナーも、舞台裏の隅っこでは必死に考えたり動いたり、ときどきは泣いたりしている。何もかも嘘で作り物だったとしてオタクには何もわからないけど、これだけは揺るぎない真実として信じてみたい。ごく当たり前のようでいて全然明かされてこなかった彼の人間くささに、不謹慎ながら(大倉くん越しに)大変ときめいてしまったというお話でした。

*1:「なぐりガキBEAT」新春特盤収録。酔いどれおじさんたちがヘラヘラして最後は泣かせてくる素敵な60分です

*2:2016年9月1日のレンジャー参照

*3:尼崎の工業地帯で育ったふつうの男です

*4:っていうほど大げさなものではないけど

赤西くんとわたし

今から11年ほど前、わたしは赤西仁くんの担当でした。

当時のKAT-TUNはとにかくチャラさ全開、ムチャクチャに遊びまくってるのがテレビの前の中坊にまで伝わってくるぐらいの、むせかえるような若さと色気とが印象的で。この世界で俺様がいちばんカッケー感というか。その筆頭たる赤西仁のずば抜けたカリスマ感がわたしはたまらなく好きでした。何より、彼のあの透き通るような、アイドルらしからぬ歌声が好きでした。あの人気と歌声を超えられる子は今後もきっと現れないだろうと今も思っています*1

さて、当時のJr.の中では圧倒的な人気を誇っていた赤西さんは、ごくせん2やanegoで知名度を爆発させて以降、すこしずつ表情が乏しくなってきているように感じられました(あくまで主観です)。この頃から何らかのフラストレーションを感じていたのだろうか?などという不毛な推測は控えておきますが、歌えば世界一かっこよく、喋れば世界一アホ。そんなギャップに惚れ込んでいた当時のわたしにとって、彼の様子に違和感しかなかったことは事実です。はてどうしたものかな...と考えているうち、関西からお越しの安田章大くんにすっかり心を射抜かれ、それから今日にいたるまで、わたしは元赤西担の安田担として生きてきました。

 

すっかり前置き、という名の自分語りが長くなりました。

そんなわたしですが、このたび縁あって11月9日に幕張メッセにて開催された Audio Fashion Special in MAKUHARI に参戦できました。今はライブ帰りの京葉線にて、スマホ電池切れの危機と戦いながらこの文章を綴っています。

*1:もし有望な子がいましたらこっそり教えてください、全力で推しに行きます!

続きを読む

社会人1年目の頃に欲しかった、村上信五さんのありがたいお言葉

2016年9月15日O.A.のレコメンより。

パノラマのO.A.を逃すまいと録音していたら、何やら終盤にとてもよい村上信五が出ていたので書き起こしてみました。最初のほうとか特に村上くんっぽい答えだなーって思ったけど、新卒の子とか、ちょっとは元気もらえるんじゃないかなあ。私も1年目のときにこの言葉が欲しかったなあ。仕事でたまにするテープ起こしの練習がてら、会話をほぼそのまま書き起こしてるので少し読みづらいと思いますが、どうぞ。

 

続きを読む

私が愛してやまない『ロイヤルミルクストーリー』論

気まぐれでお高くとまった「君」。素朴でシンプルを好む飾らない「僕」。

そんな正反対な男女の恋を、彼らが手にするロイヤルミルクティーになぞらえた、関ジャニ∞カップリング曲きってのおしゃれラブソング「ロイヤルミルクストーリー*1。今日は、この曲を愛しすぎたあまり「ロイ」の2文字で変換できるよう辞書登録までしている私が、本作の魅力をつぶさに書きつづってまいります*2。ぜひ皆さまも気が向いたらご自分の愛する曲について語ってみていただきたいです。

 

この曲の何がすばらしいかというと、まずは「こぢんまり感」。

僕の全てとか、世界だ運命だとか、世界中を敵に回してでもだとか、音楽の世界では何かと大きなものに例えがちな恋愛模様は、この曲ではティーカップでたったの2杯分に集約されています。こうすることで、聴く人それぞれが自分なりの月9ドラマを描きやすいうえ、日常的な光景がリア恋に直結しやすいわけです。関ジャニ∞の楽曲でこれに近いテイストを持つのは「I to U*3や「Merry Go Round*4あたりでしょうか。余談ですが本作における私は、ベランダからJR中央線の高架が見える賃貸マンション(ペット可)で、無印良品のウッド調家具に囲まれながら、プロダクトデザイナーの安田さん及び彼のわんこと一緒に暮らしはじめてもうすぐ2年になります。

 

話が逸れました。次に魅力的なのは「適温」であることです。

ここに描かれた男女は正反対の性格、ゆえに喧嘩もするし、大いにすれ違いもします。好き同士だからといって一から十まで毎日幸せ!というわけではないけれども、今日も明日も笑って過ごせるようにと、目の前にある今を愛おしむ「僕」の熱すぎない温度感が絶妙で。もうね真夏のビーチや誘惑だらけのクラブでキスしたり抱きしめたり君を攫ったりなんかしなくていいんですよ。時代はお部屋でゆったりまったり。エイトのような30代アイドルのカップリング曲に似合うのはこれぐらいの安定感だなと思います。表題曲で明るく切なく盛大にフラれ、通常盤のカップリング曲にほっこりあったかな曲が入ってくるぐらいが理想的なバランスでしょう。

 

そして「今出来る楽しい事をしようよ それを恋と呼ぼうよ」という一節の通り、彼らの愛が女々しくなく、重っ苦しくもないのがうれしいポイント。なんなら「人生を一緒に味わおう」ってフレーズすら、ちょっと一緒にスープ味見してみよっか?ぐらいの感覚に聴こえてきます。びゅうと風が吹けば簡単に流れていく、紅茶の湯気のような軽やかさがなんとも耳に心地よくって、むしろ消えることなくいつまでも残りつづけてくれるのです。

 

曲全体の雰囲気としては、クセがなくそれでいて安定感のある大倉・安田の歌声に、横山・丸山・村上の口どけのよいミルクのような甘い音が混ざり合っていく感じでしょうか*5。普段ほとんどの曲でメインボーカルを務め、歌声にそれぞれ強い個性を持つ渋谷と錦戸は、ここでは風にのって香るシナモンのような、ミニマルな存在感に徹しているのも見事なバランスです。この曲における2人の歌声は、きっと強すぎても弱すぎてもしっくりこなかったと思うのですが、彼らのおかげで関ジャニ∞風味のやさしいロイヤルミルクティーに仕上がったのではないでしょうか。

 

ごりっごりの歌謡曲、たこやき系コミックソング、男らしいバンドやダンスナンバー。

近頃の関ジャニ∞の名曲として思い浮かぶのは、どうしても濃い味の曲ばかり。その中でも本作は、極めて控えめな甘みに落ち着いたレアな名曲と言えます。そんな訳ですから、すっかり濃厚ソース味に慣れきった彼らの舌には少し物足りなかったのでしょう、その後セトリに入ってくることもなければ、メンバーの誰一人として「ロ」の字も出さないまま丸3年が経ちました。ですが、私のような根強いファンはおそらく多く存在すると信じています。

ということで、そろそろ誰かこの曲の略称など決めてくださいませんか?

 

*1:24thシングル『涙の答え』収録

*2:前回記事では語り足りませんでした

*3:19thシングル『ツブサニコイ』収録。まるちゃん始まりの曲には神曲が多い気がしませんか?

*4:20thシングル『愛でした。』収録。私も安田くんのラ行の癖を真似たい

*5:ヨコの声の甘さ、もっと曲に生かしてほしいです!

関ジャニ∞のディープな楽曲とは

お初にお目にかかります、がりこと申します。
関ジャニ∞安田章大さんに魅せられ、毎日ニタニタしているポンコツ社会人です。

 

さて、毎週日曜の夜に放送している関ジャニ∞冠番組「関ジャム 完全燃SHOW」。中の人のこんなツイートをきっかけに、ディープでマニアックな楽曲にまつわる話題でTwitterのエイト界隈がほのかに賑わいました。

 

私、ふと思いました。
関ジャムスタッフは我々にどこまでのディープさを求めているのか?と。

「ちょっとディープ」って何? ちょっとってどのライン? 敬虔なエイト担にマニアックな楽曲を語らせたらキリがありません。ただでさえレギュラーにドラマにリサイタルにとこの夏多忙を極めるエイトさんに、幻の楽曲をイチから練習し演奏してくれることなど本当に期待してよいものでしょうか?

こうしてディープな楽曲を募集しておいて、いざ放送された結果(おや?この曲言うほどディープでもなくね...?)となった場合のTLに漂う落胆ムード*1を早くも憂い、今のうちから己の中にいくつか予防線を張っておきたくなりました。

そこで、ディープさマニアックさをあえて4つの階層に大別し、それぞれのレベルから今のエイトに演奏してみてほしい楽曲をいくつかピックアップしてみようと思います。ジャニーズ全般となるとちょっと専門外のグループが大半なので、本記事はエイト縛りでいきます。気分次第で他のグループさんの楽曲も記事化するかも。悲しき出戻りBBAの単なる希望なので石は投げないでください。

 

①シングル化されてはいるが一般的にはマニアックな楽曲

まあね、テレビでいきなり出してもチャンネル変えられない限界のラインはせいぜいこんなところかな...と、そういった楽曲を想定しておけば必要以上のがっかり感は回避できるでしょう。言葉が過ぎましたがどちらも掛け値なしに好きな曲です。

 

1. イエローパンジーストリート

なぜか一般にはほとんど披露されてこなかった稀有なシングル曲、イエパン*2クレヨンしんちゃんの映画が封切られるわけでもないこの季節にわざわざ選ばれるのかどうかはさておき、テレビマンお望みの「ちょっとディープ」さを絶妙に備えた良曲ではないでしょうか。

2. マイホーム

バンド形態のシングル曲のなかで、テレビ朝日さんがうっすら覚えていてくれてそうなものをもうひとつ挙げるとすればこの曲*3。ここまで書いて思ったことはただひとつ、本来しっかりシングル化までされている楽曲を私はディープだマニアックだなんて呼びたくないんだ!

 

②ファンには結構愛されてるのに最近ご無沙汰な楽曲

やはり関ジャニ∞というのは年間を通して非常に罪な男たちですから、こちらとしては大変思い入れのある曲であっても歌ってくれる機会は多くありません。定期的に声をあげていかないと、どんな名曲も忘れ去られてしまいます。

 

3. Eden

なんかつい最近聴いたような気がするけど実はそうでもなく、ただただおぼろげな記憶の中で愛され続ける名曲*4。今のエイトが演奏したらどうなるのかもう一度見てみたい。あとこの曲を今後カバーする後輩さんたちにもEdenの何たるかをこの際見せつけたい(絵に描いたようなクソBBAコメント)

4. DREAMIN' BLOOD

せっかくですから若手の精神に立ち戻ってドリブラいっときましょうドリブラ*5! 30才を過ぎたって夢見ることはやめてほしくありません。焦りと挫折と葛藤とチャレンジと、いろんなものが押し寄せた激動の青春時代。私も彼らを最初から今まで見届けられていたらと悔やむばかりです。

 

③なぜか陽の目を見なかったカップリングの隠れた名曲

関ジャニ∞のカップリングは隠れた名曲ぞろい。1ツアーのセトリも楽々組めちゃう勢い。もうここにまで目をつけてくれたらそれだけで御の字。もしかしてスタッフにエイト担が紛れ込んだかな?と疑うレベル。 一生テレビ朝日には足を向けて寝られません。

 

5. ロイヤルミルクストーリー

この曲に並々ならぬ愛を抱いて無理やりねじ込んだ最強のカップリング曲*6。こんな名曲を長いこと放置しておくなんてセトリの中の人は一体何を考えているのか。シナモンの香りがたゆたう昼下がり、郊外のこじゃれたマンション、ちいさなマグカップが2つ並んで、飾らない普段着のエイトさんと人生を一緒に味わえる最高の贅沢*7。きっかけは何だっていいから即刻披露していただきたい。PV化はよ。

6. 道標

えっコレ好きなの私だけだった?と軽く不安になるぐらいファンにも忘れ去られてしまった一曲*8。見た感じ人気の高かったクジラとペンギンなどとは対照的に、ツイート検索に引っかかりもしなかった可哀想な子。みんな思い出してあげて、声が若くてとってもかわいいんだぜ...安田章大さんに「心から...ありがとう♡」って言われて転げまわりたいだけなんですけど。

 

④懐古厨が泣いて喜ぶであろう未音源化カテゴリ

仮にここまで実現できたとしたら、関ジャムスタッフにクラウドファンディングで金一封を送り付けたいレベル。ええ、なにもここまでは期待していませんよ(チラチラッ

 

7. DIVE

寝ても覚めても君だけのフィロソフィー。一体どの層がどこまで喜ぶのかって話なんだけど、こういうのをしれっと音源化してくれたら老いも若きもオイ!オイ!できて最高にライブが楽しくなりそうですよねえ。ステージ上でもっともっと大暴れしてほしい。私たち以上に明日のことなんて考えないでほしい。なんかこう、滾るような演奏が見てみたいですね。

8. STANCE

こんなのさすがに無理な話だとは分かってる。でも、私は山田のあの甲高いサビをぜひハイビジョンで見たいんじゃ...。君じゃなきゃ、君じゃなきゃ、だめなのさ...。

 

などと妄言を書き連ねておりましたところ、公式ホームページでは以下のような告知がされていたようです。

関ジャニ∞の曲に限らず、シングルカットされていないけど、
「皆に聞いてもらいたい!」「関ジャニ∞の演奏で聞いてみたい!」
ちょっとマニアックな、DEEPなジャニーズの楽曲を大募集します!

これ、①とかより断然②~④のほうが選ばれる可能性は高いって意味だよね...? いや関ジャニ∞冠番組なんだから頼むから関ジャニ∞の曲をやってくれよな?よろしくお願いしますね?って気持ちで唇を噛みながら放送日を待つことになりそうです。たとえ放送には至らなかったとしてもアンケート結果は必ずエイト陣営に伝わるものと信じ、こういう機会が再び訪れた際は今後ともしつこくしつこくロイヤルミルクストーリーを推していこうと思いました。

以上、関ジャムスタッフさまにぜひ一度チェックしていただきたい関ジャニ∞のディープな楽曲でした。どうぞご検討のほどよろしくお願い申し上げます。

*1:最近の関ジャムは初期と違いがっかりすることもなくなりました。本当にありがたいです

*2:関ジャニ∞としては16枚目のシングル

*3:17thシングル、我らがRYOちゃんの主演ドラマ「犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜」主題歌

*4:ミニアルバム『感謝=∞』収録

*5:上に同じくミニアルバム『感謝=∞』収録

*6:というか半ばこの曲ありきで本記事を執筆している。24thシングル『涙の答え』収録

*7:半分ぐらい妄想成分

*8:9thシングル「無責任ヒーロー」収録