カッとなったのでSixTONESのお気に入り動画を紹介する

何もかもままならないこのご時世において、心の底から信じられるものは好きなアイドルの顔のよさだけである。マスクが届かなかろうと現場が失われようと、アイドルの顔のよさはわたしを裏切らなかった。本来であれば今頃その美しさは各種メディアで惜しげもなく披露されるはずだったのに、待望の2ndシングルは発売延期。ステイホームに明け暮れた我が推しこと松村北斗さんの髪は日に日に伸び、とうとうキノコのようになってしまった*1*2

ツアーグッズを買うだけでなく、YouTube広告だって事務所にとっては立派な収益となるはず。なので今回はSixTONESの動画について存分に語りたいと思う。まんまと沼に落ちた2019年の初夏から約1年、デビュー発表と同時に公式アーティストチャンネルを立ち上げた彼らの動画本数は、ステイホーム期間中も毎週ぽこぽこ増えている。過去の記事で紹介できなかったものも含め、わたしのお気に入り動画を紹介するので気になったやつから見てちょうだい。*3

 

 

強くなりたいすべての人類へ「RAM-PAM-PAM」

まずは通称ラパパンと呼ばれているこの曲から紹介したい。お揃いの赤いパンツを大胆にも見せまくる過激なパフォーマンスが賛否両論を巻き起こした衝撃作。SixTONESをよく知らない人にも「パンツの曲」とか呼ばれるほどの話題になった*4ジャニーズ楽曲大賞2019の未音源化部門では7位にランクイン。メンバー全員にそれぞれ見せどころがあってとてもバランスがいい一曲だ。わたしは松村さんが手首を切る仕草と、操り人形みたいな振り付けが最高に好き。

挑戦的なパフォーマンスに気を取られがちなのだが、映像なしで聴いても楽曲としてのクオリティが非常に高く、一度聴いたら耳から離れなくなる。ルァパパンルァパパンルァパパパパンランパンパンランパンパン………聴いてるだけで無敵モードに突入できるので繰り返し再生するのをおすすめしたい。朝のメイク中とかに聴くと「邪魔する奴は全員ぶっ倒して定時で帰ってやるからな!」と強い気持ちになれる。あんまり大声じゃ言えないけどひょっとしたら殺菌効果もあるかもしれない*5*6。ちなみにこれ、ライブ映像としてはなかなか盗撮感の漂うアングルだが、スタッフさんが撮ってその日のうちにアップしてくれたものです。ペンラの打点が高え。

 

観客参加型の解脱ソング「Mr.ズドン」

ジャニーズ楽曲大賞2019の未音源化部門6位。“ジャニーズのパプリカ”という投票コメントはとても的を射ており、実際にどっかの運動会でも取り入れられたらしい*7。忙しい人は5:03から見るだけでも概要を把握できるけど、こういうのは前段あってのものなので可能ならぜひ最初から見ていただきたい。初見だとグダってるようにも見えるので前回あえて紹介しなかったのだが、何も心配はいらない。すべては彼らの計算のうちだ。

ちょうど最近リモートバージョンも出たところだ。ステイホーム生活で人と喋らなさすぎた松村さん、メンバーと喋れるだけでしっぽブンブンって感じでかわいい。かと思えばお気軽に色気を垂れ流してくるので各位気をつけてください。

ライブでRAM-PAM-PAMをやった直後でもこの曲に振り切れちゃうのはSixTONESならではの強みだと思う。明日のことなど気にせずにズドンズドン言ってると俗世に蔓延るクソみたいな事象が何もかもどうでもよくなり、自動的に悟りをひらくことができる。

 

ワイルドからキラキラポップまで死角なし

\ジャニーズワールド!ハッピーライブ!ウィズユー!/

ジャニオタのメンタルを(いろんな意味で)掬い上げたトンチキライブ配信SixTONESはデビューシングルに収録されている「Imitation Rain」「Telephone」「NEW WORLD」に加え、ライブで人気の楽曲「"Laugh" In the LIFE」を披露した。

イミレ、何度聴いても強いですよね。特に37:00からのフォーメーションは “逆風に立ち向かう” 感じが少年漫画っぽくて大好き。Telephoneはまさに本領発揮というか、たとえ誰と一緒に出ていてもその場を完全支配できちゃう強力な武器って感じの一曲。NEW WORLDはワンピースの主題歌っぽくて、やっぱりSixTONESは概念としての少年ジャ○プなんですよ…ジェシーが主人公なんですよ……。Laugh~にはこれらとまた一味違ったポップさがあり、布多めの衣装というよりは Tシャツ+デニムで駆け回る感じがいちばん似合う曲だなと思う。4曲とも見事にテイストが分かれており、ワイルドやクールなどのイメージでストを見ていた他軍のオタクが驚く様子をTLでもちょこちょこ見かけた。ああ見えてキラキラアイドルソングもできちゃう新世代なのよ……。手洗いダンスマスク制作もやってるのでよかったら見てね。

 

Sixカラオケで歌いたくてしゃーないTONES

サムネからして""最高""なのでもう説明不要だろう。

以前からこの人たちは「デビュー曲を早くカラオケで歌いたい」という発言をめちゃくちゃしていた。雑誌とかYouTubeとか、いろんなとこで超言ってた。デビュー組のオタクからすればかわいらしい、しかしJr.にとっては遥かな夢を全員で叶える瞬間。それをオタクにも見せてくれた尊さ666億%の映像なわけですよ。しかもデビュー前夜にアップしてくるのはもう反則でしかなかった。涙なしに見れるかこんなもん! 自分たちだけの夢を叶えたその笑顔を見ちゃったら「お前ら世界一幸せになれ」以外の感情がなくなる。かわいくて楽しそうで愛おしくて、一生守ってやりてえ………。

こちらはSixデビュー曲買いに行っちゃうTONESの動画。カラオケと同じくこれも有言実行パターンだ。すぐに実現可能な夢から爆速で叶えていくあたり地に足がついていてたいへん好感が持てる*8。まあ動画撮る前から各自フラゲもしてるんだけど……。ランウェイから飛び出してきたみたいにオシャレで脚の長い男はジェシーといいます。

 

自分たちの曲が音源化されたのが嬉しすぎるあまり車の中でも歌っちゃうのメチャクチャかわいくないですか?「久しく忘れていたな… あのひたむきさ……!」ってわたしの中のツェズゲラが言ってる。最初みんな若干照れてるところにノリノリの空気を作り出す髙地優吾さんはさすがバラエティ10年選手って感じだし、抜群の歌唱力を誇る京ジェのアレンジもオシャレで鮮やか。大きめの白シャツが世界一似合う田中樹さんのラップも超良い。気になったらSONY MUSICの公式通販でポチるのがおすすめでっす!

 

オタクの“好き”が詰まった京都ドライブ

以前の記事でも紹介したが、SixTONESYouTubeはドライブや旅行系の企画が充実しているのが大きな特徴である。都心から比較的アクセスのよい首都圏の観光スポットはもちろん、若かりし6人が遊んでいた都心の思い出の地や、ツアーなどで訪れた金沢や静岡で遊ぶ動画もある。オタクより本人たちが一番楽しそう。かわいい。

なかでもおすすめしたいのは、髙地さんが運転を担当した*9京都ドライブシリーズ。SixTONESの良さが随所につまっていて非常に見ごたえがある。森本慎太郎さんという“無”から“有”を生み出す天才が車中でいきなり新しいゲームを作り、他の5人を巻き込んでいく展開も見逃せない。打ち合わせなしで乗っかれるメンバーのノリのよさ、ボケの手数の多さ、撮れ高としてバッチリ成立させる対応力の高さに関ジャニ∞みを感じる。斜め上にレシーブを飛ばしちゃう京本大我さん(かわいい)へのフォローも手厚くてハッピー。誰も傷つかない世界が広がっている。

 

勢いとノリから生まれた勢いとノリだけの運動会

低予算企画のおもしろさにも定評があるのがSixTONES。上に紹介した京都ドライブでのちょっとした発言から誕生したのが、こちらの「優しい運動会」である。
正直ここまでいくつも動画を挙げてはみたものの、彼らのカオスなおもしろさを一発で理解したいならこれが最適だと思う。遅くなってごめんね。ここまでのやつ見てなくてもこれは見といてほしい。デカい身体と長い脚を存分に持て余しながらゆるゆるの競技をのびのびと楽しむジャニーズは、多分いろんな意味でYouTubeでしか見られない。

場所さえあれば勝手に遊びはじめるSixTONESはしょっちゅうツッコミ不在となる*10。そんなとき最後の砦となるのが、画面に映らない編集スタッフの「オカベさん」であり、SixTONESの動画はどれもオカベさんによっておいしく調理されている。関ジャニ∞に例えるなら福山さんみたいな存在だろうか。いっこうに企画を始めようとしないグダグダな6人 VS オカベの容赦ない割愛芸、これもまた見どころのひとつである。

 

あああああ!!!!!!! ぜんっっっぜん紹介しきれん!!!!!!!!!!!!

超かっこいいけど超むじゃきで超かわいい。かと思いきや意外とみんな割とチキンで慎重派。これこそがSixTONESの魅力であり、本記事を通じて少しでも伝わっていれば幸いである。近いうちにまた自由にロケを楽しめる日が来ることを願い、今日のところはおしまいとする。

 

 

*1:一方その頃、安田章大さんはキッチンバサミで髪を切っていた

*2:6/4追記:めちゃくちゃ短くなってました!

*3:そういえば記事のタイトルに深い意味はないです

*4:最近テレビで共演したバナナマンサンドウィッチマンも振り付けを真似してくれたが、パンツ見せというよりはズボンの着脱であった

*5:個人の感想です

*6:ちゃんと手洗いうがいマスクをしてお楽しみください

*7:つい最近になってWash Your Handsというパプリカ対抗馬も登場したが…

*8:なおかつそれを逐一オタクに見せてくれる福利厚生の豊かさがすごい

*9:程よくオラついてて100億点満点!

*10:これはMC兼ツッコミを担う田中樹さんが率先してボケたがるためである