見たくないものを目に入れないための「自衛ツール」の話

インターネットを駆使しながらオタクをしていると、あれやこれやと受け入れがたい情報が目に入ってくることがたびたびある。週刊誌報道、それに基づく憶測、野次馬コメント、定価以上の取引、解釈違い、スタンスの違い、目に入れたくないものの動向などなど。オタク生活をすこやかに楽しむにはそういった情報が必然とストレスになってくるので、「見てしまったものをスルーする」のではなく「極力目に入れない」レベルまで持っていきたいと考えている。少しネットから離れてはどうかという意見もあるだろうが、いやいや、我ネット廃人ぞ。ネットがなければ生きていけない時代にそれは不便すぎるし、わたしのほうから折れる理由も見当たらない。

そんなわけで最近は自分なりに対策をとりながら先んじてセコセコ自衛しているのだが、先日Zoomで喋ったオタクから「ブログにしたら需要ありそう」とのコメントをいただいたので、ほいほい乗っかって記事にしたためることにした。今さら有名すぎるツールとか、逆に取りこぼしてるツールなんかも多々あると思うけど、筆者はその道の人ではないので大目に見てほしい。そしてインストール後の不具合などあらゆる不利益は筆者の知ったこっちゃないのでくれぐれも自己責任でお願いします。保険おわり。

 

 

前提

わたしの場合、在宅時はほとんどPCからTwitterなどを開いている。

スマホで何か見るのは寝起き・通勤中・番組をリアタイするときくらい。最近はリモートワークなので移動もほとんどなくなっちゃった。普段スマホでしかインターネットをしない人にはイマイチ役立たない情報が多いかもしれません。

 

PCでの対策(Chrome拡張)

おだやかTwitter

PC版Twitterの画面上からトレンド情報やRT数・いいね数などをきれいに隠してくれる便利な子。これさえ入れておけば万が一のジャニオタ有事の際にもトレンド設定をいちいちアフリカや南米にしなくて大丈夫だし、いいね数ではなくツイート内容そのもので情報の良し悪しを冷静に判断できるので、少し健康になれる気がする。特にここ1年はトレンドを見るたびに無の気持ちに襲われることも多かったが、おだやかTwitterを導入してからはだいぶマシになった実感がある。超おすすめ。

 

Y!News Excluder

なんとなく手癖でYahoo!を開いちゃうわたしみたいな人*1におすすめ。あらかじめ見たくないワードを細かく設定しておくと、見出しにそのワードが含まれた記事が一切表示されなくなるので、少なくとも自分の世界の平和はかなり保たれる。本当はYahoo!側でもっと細かく設定できるといいんだけどね。

 

uBlacklist

新たに気になったJr.などについて調べたいとき、検索上位を鬼のように埋め尽くすペラッペラのまとめサイトをどんどん非表示化できるやつ。「●●くんの出身は?大学は?調べてみました!」みたいなやつがだいぶ目に入ってこなくなるので快適。

 

Hide YouTube Comments

YouTubeのコメント欄をきれいサッパリ非表示化してくれるやつ。類似の拡張機能がいくつか出ているようなので、自分に合ったものをぜひ。

 

Hide Likes

(8/16 20:00追記)TwitterFacebookInstagramのいいね数、YouTubeの再生回数を非表示化してくれるニクいやつも見つけた。特にYouTubeの再生回数を意識するのに疲れたJr.担とかにおすすめしたい。各SNSごとにオンオフの切り替えもできるぞ!

 

スマホでの対策

feather

わたしが普段使っているTwitterアプリ。Twitterは毎日触るものなので600円くらいの初期投資はそれほど惜しくなかった。実際、快適さとしてはだいぶお値段以上のアプリだと思う。複数アカウント間の行き来も楽だし、下書きもたっぷり溜めておける。いいねしたツイートを見返すのにも便利だ。画面のカスタマイズ性がけっこう高いので、見たいリストだけを出しておけるのもうれしい。本家と違って「ホーム」がないので、常に自分がフォローしてる人のツイートだけがTLに流れてくるのもありがたポイント。

featherはミュート機能もけっこう優秀で、たとえば「自分がまだ見てないドラマをTLで実況してる人を一時的にミュート→数時間後に自動解除」みたいなこともかんたんにできる。ユーザー、キーワード、ハッシュタグで細かくミュート設定できるので公式アプリより優秀な面もある。個人的にはDM機能がイマイチ使いにくいと感じるので、DMを使うときだけは公式アプリを開くなどの使い分けで対応している。

f:id:mon-o-logues:20200816134124p:plain

以上、わたしが便利だと思っているものをいくつか紹介してみた。

結局のところ正義とかポリシーなんて、自分が何をどう信じるかによって答えが180度変わっちゃうこともあるひどく曖昧なものなので、他人の考えに憤ったり悩まされたりしすぎるくらいなら賢く距離を置いて見えないようにしちゃうのがいい。SNSに触っている限りストレスから完全に解放されることは難しいけど、工夫次第でいくらか軽減することはできると思うので、ぜひいろいろ試してみてください。

*1:なんだかんだ災害情報とかニュース速報をキャッチするには手っ取り早いから…